ダイナマイトママの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 片山義美と金谷秀夫。

<<   作成日時 : 2006/06/09 10:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

先日、山田純さんのブログ覗いたら、
山田氏と並んだ片山義美さんと金谷秀夫さんの画像が掲載されていました。
中身を読み進めると、何だかとっても有名なライダーだった様子です。
確か以前に、カーグラTVのロータリーエンジンか何かの特集で、
片山氏が登場していたような気がしましたが、記憶は定かでありませんでした。

画像


で、幼稚園の時から、モータースポーツには一方ならぬ興味を持っていた有ちゃんに、
「片山義美と金谷秀夫って、そんなに凄いわけ?」
と聞きましたら、
「凄いって貴女!日本のモーターサイクル史上に名を残す名ライダーだぜ!」
とかえって呆れられてしまいました。

何たって自分が二輪の免許を取るまでは、
ほとんどバイクやレースに関心がありませんでしたから、
ましてやそんな昔のヒーロー知る由もありません。

が、山田氏のブログには、
『60年代、スズキで世界GPを制覇した片山義美、70年代、ヤマハを代表して”世界の金谷”と言われた金谷秀夫』と紹介されていました。
なるほど、60年代70年代に世界を舞台に勝負していた方々とあらば、
尊敬に値する、大した方々であるのは、間違いないです。

有ちゃんにしてみれば、私が何だか寝ぼけた事を言っておるので、ちょっぴりご不満。
いきなり何を思ってか、自分の大切な本棚から、
これまた大切に所蔵してある雑誌をひっぱり出してきて色々説明してくれました。
1972年に出版された、モーターサイクリストの分厚い増刊号ですが、
何ともカッコイイんですね。確かに片山氏や金谷氏の現役時代、
レースで世界を沸かせた写真の数々が掲載されていました。

私は、「あっ!これ、もてぎの博物館で見た!」とか言いながら、
なかなか今でも通用するような、スタイリッシュなバイクの数々に感動していました。
しかし、中でも一番面白かったのは、その雑誌の広告です。
画像

画像

あの、クシタニや村山モータースの広告などがいっぱいです。
「やっぱり、村山の広告だけちょっと違う。だって外国車に金髪だもん。」
そんな話をしながら、有ちゃんと久々大盛り上がりしました。

「日本は、こんなに世界でも有名なモーターサイクル大国なのに、待遇、環境悪いよね。」
と有ちゃんは話します。
いいバイクもたくさん作ってきたのに、街にでれば専用駐車場もないんですから・・・、
本当にそうです。

ちなみに、有ちゃんはめちゃくちゃ物持ちが良くて、
若い頃から買い続けた雑誌もしっかり大切に保管しています。
画像

カーグラフィック、モーターサイクリストなどなど車やバイク関連のみならず、
ポパイやブルータスもずら〜〜り勢ぞろいしています。
画像

このモーターファンシリーズがずらり揃っているのは、彼の宝物らしいです。
結婚当初、私がゾンザイに扱って間違って捨てちゃったものもあるかもしれませんが、
ほとんどは、ビニールカバーもちゃんと掛かってたりします。
何たって、自分がかったお洋服のタグだって全部箱に入れて持ってたんですから!
それは、さすがに捨てました

物持ちの良い夫と何でも捨てちゃう妻の微妙な力関係の中、
生き残ったのが、今の彼のお宝であります。
まあ、生き方や興味によってお宝にもなれば、ゴミにもなりますが、
これからは、私も大切に取っておく派に転向します。
だって、昔の車雑誌はかなり面白いですから!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ハハハ!発破親父さんに大きな1票を投票です。全く同じ、同じ!POPEYE、HOTDOGPRESS、MEN'S CLUB等や車、2輪関係の本は処分できなくてね!それから、VANの袋とかそれを止めていたセロテープ(赤いのや黒いの)、やVANリーガルの靴箱、jun、EDWARDS他のタグとか貯めていましたよ。昨年暮れに、最近これだけは、死んでも捨てられないという奴だけを残して、断腸の思いで捨てました・・・・我青春を捨てたといっても過言ではない!   そろそろ娘たちに部屋を明け渡さなければならない時期になってきました。今まで私の部屋にいた物たちは、一体何処に
行くのだろう・・・・それらがひしめいているカフェをやる夢は叶いそうも有りません。
ドカマン
2006/06/09 12:04
★ドカマンさん
ヤバイッ、ドカマンさんも?ですか。もう、やだっ!可笑しいな〜。
奥様何もおっしゃいません?
所帯を持った時、袋、包装紙、紐の類一式持ってきましたからね。。。確かにVANの靴箱にタグが山ほど入ってるのを見たときにゃ、「ナンじゃこりゃ」でした。当然それは、1DKのマンションには無用の長物でしたから、私がすっぱり未練を断ち切ってあげました。何故?ですか?私は、夫が戌年だからかと思ってました。
しかし、夫の青春を私は無碍に捨て去ったわけですね。申し訳ない。。。
ダイナマイトママ
2006/06/09 12:21
昔のバイク・車はデザインがいいですよねぇ。
うちも、そこまで古くはないのですがバイク・車の雑誌等がたくさんあります。
古いバイク・車・それ関係の雑誌を置けるようなスペース(ガレージライフのような)夢のまた夢です。

ちなみに、私も片山さん&金谷さん 知りません(汗)
お勉強嫌いな私は、興味の有るバイクの事でさえ勉強してないですから・・・←自慢にならないって
ちか
2006/06/09 13:20
★ちかちゃん
そうか・・・ちかちゃんのご主人もイタリアバイクフリークでらっしゃいましたね。しかし、片山さんとかいう年代は、かなり上の世代のようですよ。知らなくても不思議じゃないと思います。そんなお勉強しなくっていいよっ!それより、R1100Sを街乗りに一人で戻したちかちゃんは、凄い!
あのボルトは・・・行き先決まった?
ダイナマイトママ
2006/06/09 14:44
イタリアンタイルを敷き詰めたガレージにアルファロメオ(68年式)&マセラッティ&ジレラ等を置きガラス張りのリビングから眺めながらコーヒーを飲む
憧れますなぁ。宝くじ当たらないかなぁ

レース仕様〜街乗り仕様に1人で戻したのは、「自分でやらないんだったら、そのままレーサーでいいじゃん」って言われて渋々ですよぉ。
本気モードでサーキットを走ってる人達の中では、走れないですから・・・
ちなみに、ボルトの行く先・・・不明のままです(滝汗)
ちか
2006/06/09 16:56
私もVANの紙袋を捨てられなくてねぇ。実家に隠してあったらいつの間にか捨てられてしまった。POPEYEも創刊号からすっぱりいかれてしまった!MC SISTERも15年分くらいいかれてもた。かぁちゃんには価値は判らない。バイク、車のカタログまでごっそりと!…轟沈。

金谷さん、結構だみ声で怖いおじさん。
ガンバ
2006/06/09 17:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
片山義美と金谷秀夫。 ダイナマイトママの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる