ダイナマイトママの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 私が中学2年生だった頃。

<<   作成日時 : 2007/05/11 17:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

そりゃぁ、可愛かった。
少なくとも、今とほぼ同じ身長で、20キロは痩せていました。
地元の公立小学校を卒業して、
そのまま地域の中学校に入学したけれど、
「貴女、やっぱり私立の中学へ行きなさい。」
と、母親からのいきなり編入試験勧告。

どうも、中学生になってバスケット部に入った私が、
急に汚い男言葉を使い始めて、素行も怪しくなって来たので、
”このままじゃぁ、駄目だわっ”
と、母は心配になったようです。

で、急遽、受験勉強。
(従順)
まぁ、何とか、親の思惑通り、合格して、
私は、札幌の山の中にある、小さな小さな女子校へ。
それが、中学2年生の春でした。

画像

    《こんな美しい山の中に建っているのです。》

画像

     《でも、冬はこんななの・・・・。》

親元を離れての寄宿舎生活でした。
中学から高校まで、一学年一クラスという小さな学校。
札幌郊外の山の上にポツンと立ってる、
可愛らしい学校です。
坂を登って行くと、
”我に来たれ”の像。
学校と同じ建物で、上が寄宿舎と修道院(今は違うみたいだけれど)です。
私達寄宿生は、
週末以外、ほとんどそこから出ることのない、
本当に隔離された生活でした。
”LAの大親友”は、その頃からの友達です。
今思えば、本当に、狭い、狭い世界でした。
側にいる大人は、先生とシスターだけでした。
そんな生活が、高校3年生まで続きました。
今思えば・・・凄い世界だ。

でも、私達の内面は、とても自由でした。
厳しい規則や拘束の中だからこそ、
友達と色々な事、たくさん話したし、考えたし、
テレビはほとんど見られなかったけれど、
音楽は自由に聴けたし、
(夜中ラジオはコッソリ聴いてたな・・・)
本もいっぱい読んで、
もちろん、ちゃんと恋もしました。
(この恋の話は、また面白いんだが・・・またいつか)

私は、この頃から親とはちゃんと一緒に暮らしていないから、
中学生時代の自分の親達がどんな事を考え、どんな暮らしをしていたのか、
あまりよく知りません。
というか、あまり興味もなかったかな。
親の記憶が、断片的で、
暮らしに直結する思い出が、あまりありません。
今、親になって思えば、それが良かったのか否か。
悪四を見ていると、わからなくなります。

今回、何故こんな事書いたのかと言うと、
先日、悪四が、
「母さんのブログさぁ、うちの女子、結構見てんだよねぇ。」
と言ったんですよね。
え〜〜っ?
ほんと?
ちょっと、変じゃない?
へ〜〜っ、でも私が中2の時ってどんなだったかな?
そう思ったのです。
子どもだったけど、大人だった。
全然忘れてない。
KEIKO(LAの大親友)!そうだよねぇ。

まっ、ここでバカなおばさんの毎日を見れば、
いかに皆さんのお母様方が、ちゃんとしていて、
素晴らしいのかって事が、
わかっていいのかもしれない。
内心、みんな、『うちのお母さんの子で、よかった。。。』って思ってんだぁね。

そりゃ、そうさ。
私は、決して良い母ではなく、
だから、悪四もあんなでね、
先生からご指摘を受けるたび、
「あ〜〜っ、それはそのまま私の事だ。」と、反省、落ち込むわけですよ。
実は、私が元祖”横柄で嘘つき”なんでした。

みんな〜〜〜っ!
私が母さんじゃなくて、よかったねっ!!
そんな事、私が一番わかってら〜〜い!


すみません、悪四が何かいけないことをしたら、
遠慮なく、メール下さい。
どうぞ、よろしくお願い致します。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
私も中一から高三まで寮生活でしたよ。
ママさんの生活がなんとなく想像付きます。
私の中2の時?そりゃ秘密さ、ここにゃ書か無いよ、直接ね。
ガンバ
2007/05/11 19:52
★ガンバさん
ホント〜〜???
いや、やはり同種の匂いがすると思った!!
そりゃ、ど〜〜んなに厳しい環境でも、
いや、厳しければ厳しいほど、
抜け道を上手く見つけるのが、若さなんだわねぇ。
聖少女にも、秘密はあるよ〜〜!
ダイナマイトママ
2007/05/11 21:38
お邪魔します。私は寮生では無いですが、身近に寮生が多く
(よく出入りしていたので)寮生気質と言うか雰囲気は良く判ります。
一言で言うと(尻の毛見せてもヘッチャラ?)見たいな雰囲気ですか?
下品でゴメン!!不良もオタクも先輩以外ヒエラルキーが無い。
”横柄で嘘つき”と言うより”フレンドリーでオトナ"では?
simon
2007/05/11 23:23
私は、自分の親がDママさんの様な人だったら毎日が楽しかったんだろうなぁ と思います。
恋の相談なんかも出来ただろうし・・・

りっぱに真っ直ぐ育ってるご子息を見ると、間違ってはいないんだよ。
ちか
2007/05/12 02:26
その当時を知るLAの大親友です。
私は”お通い生(おかよいせい)”(歯が浮くようなこの言い方はわが母校独特の言語です−”大奥への殿のお渡り”ではありません。)でしたが、母が「学校にお任せしてあるから」っと細かい事を一切言われずに育ったので我が子を厳しく育てられなくて実は困っています。
Dママさんの言うと通り規則には縛られていたけれど心は自由でしたね。
何も心配する事も無かったし。
高2でスキーの世界入り他校の学生と接触して「結構屈折している」とか「なに気を使ってるんだろ」など不思議でしたよ。これ、イコール「世間知らず」ってことでしょうかね?
日本に居ないから私はそのまま「自由な気持ち」で居ますよ。
日本に居てそのまんまのあなたは「凄〜い」。そのままで居て下さい。
子供はちゃんと育っていますから。。。
LAの大親友
2007/05/12 04:30
★simonさん
本当にね、思春期の多感な頃を寄宿舎なんかで過ごすと、
もう何でもありっ!で、女の園のイメージとは程遠い生活ぶりとなります。ヒエラルキーがないって、秩序がないって事?ですか?そうだとすると、確かにある意味無法地帯です。

★ちかちゃん
いや・・・恋の相談かい?
でも、これが子どもの恋話を聞くほど、
複雑なものはないよね。
無責任にも真剣にもなれず、
何だか中途半端な返答しかできなくて、
反省しちゃったりするんだわっこれが!
ダイナマイトママ
2007/05/12 09:38
★KEIKO
母校はね、相当変化しているらしいよ。
制服も、ちゃんとした夏服(たぶんワンピース)ができたらしい。
寄宿舎も別棟になって、そりゃ素敵になったらしいよ。
私は、まだSr.芹沢がいらっしゃる時以来行ってないけどね。今度帰国したら、行ってみようか!札幌へ。
村越さんとか生きてらっしゃるかしら?もう、いないよね。
中村のお見舞いも行きたいね。素敵なHPもあるんだよ。そこから画像拝借しました。○○軽井沢は、当時の様子じゃないみたい。
お通い生のKEIKO達には、いつも「あんたら汚いよ。」って言われてたよね。お風呂に入らないから。ホント、汚い女だった。懐かしすぎだ!
ダイナマイトママ
2007/05/12 09:45
どうしてあなたが母校の風景写真を持っているのか不思議だったのよ。
そう、HPなんかあるの? 少子化で必死なのね。。。。。
それに札幌は公立志向の土地柄だし。
HPのアドレス教えて!!
もう当時の私達みたいなのは「馬鹿お嬢」は入れないんだってね。
LAの大親友
2007/05/12 10:38
私は中坊の時は万年補欠のバスケット部員でした。高校は生徒に自治権がある、大学みたいに自由な公立校、自由すぎて、グレる必要もなかった。不満や反抗の対象は、国や社会だったような気がします。すべて自己責任・・てな感じだった。夏はGパンにTシャツでオートバイで通学してましたよ。高2の5月ごろ、クラスのナイスバディの子が、マキシ丈の8枚剥ぎのデニムスカートにコルクのヒールサンダルはいて、ノーブラに白のブラウスの釦3つ外しで着た時は、男子がヘロヘロになって授業にならず、物理の独身の先生が真っ赤になって、ずっと下を向いたまま講義していたことが、今ではとても懐かしいです。でもね、当時の僕等は、ワルとか、不良じゃなくて早くCOOLな(格好いい)大人になりたかったんだよ。ノーブラが大人という意味じゃないけどね!学生運動やってる先輩の彼女(桃井かおり風)に、「だいたい、君はサー・・・どんな本読んでるわけよ?」みたいなことを顔を寄せて言われ、ポヨヨーンとしながらも、でまかせでカミュ!なんて答えるて、質問の嵐になり即死したり・・・一番楽しい時期だったなぁ
ドカマン
2007/05/12 12:04
★ドカマンさん
そのナイスバディの女子学生、今でも充分イケてると思います。
そんな大人な高校生は、いないですよ。
日本でノーブラに白いシャツ、ボタン3つ外しが許されるのは、
安井かずみか森瑤子の小説に出てくる女性くらいでしょ。
かっこいいな〜〜っ!
私は、もっとずっと子どもでした。頭の中と様子が全くバランス悪かったと思います。
確かに、中学の頃、ボブが流行った。それに、中野良子風のロングをかき上げる仕草も、憧れでしたね・・・。
ダイナマイトママ
2007/05/12 21:11
学生運動には、憧れませんでしたが、学生運動やってる先輩の彼女(ロングボブのアンニュイな眼鏡女子)に、猛烈に憧れました。高3の終わりごろ、OB等の行きつけのスナックで、そのロングボブの彼女が悪酔いをしてしまい、たまたま私がトイレで介抱することになりました。ロングボブの髪の毛をたくしあげて、背中をさすっている自分と、すっかり、だめな部分を見せている先輩・・・・ちょっぴり大人になれた気がした冬の夜でした。早く大人になる必要は無いけど、わがままな子供のまんまも良くないもんね!
ドカマン
2007/05/13 13:39
★ドカマンさん
17,18,19・・・と、今思えば、大人の階段登ってる時は無条件に楽しかったですね。素敵な先輩とか、憧れの人とか、胸がキュンとなります。
ダイナマイトママ
2007/05/13 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
私が中学2年生だった頃。 ダイナマイトママの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる