ダイナマイトママの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 美術館の週末。

<<   作成日時 : 2007/05/21 11:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

東京都庭園美術館は旧朝香宮邸です。
その名のとおり、美しい庭園が、
都会のド真中、高速道路のすぐ下に広がっています。
建物内部は、アール・デコ様式。
画像


有吉佐和子の『紀ノ川』を再読していた折、
今回の展示が《大正シック》と知って、一度見たいと思っていました。
ホノルル美術館所蔵の絵や版画、当時の着物などが展示されています。
それに、金田中のカフェもチェックしなくちゃ。

昨日は、春のお茶会も開催されており、
気持ちの良い晴天の休日とあって、
沢山の人。
でも、丁寧に美術館を見てまわり、
お庭もお散歩しました。
画像


まず、美術館に足を踏み入れると、
大好きなラリックのガラスのレリーフ扉が迎えてくれます。
画像

いつもながら、美術館独特の空気感がスッと心を落ち着かせてくれます。
この美術館、そこここにアール・デコの装飾がふんだんに施されています。
中でもラリックの仕事がいっぱいです。

私に”ルネ・ラリック”を最初に教えてくれたのは、有ちゃんでした。
(有ちゃんは、五木寛之に教えてもらったようですが。)
「ラリックはね、自動車のマスコットもガラスで作ってるんだよ。」
(どうも、当時は車よりそちらが大切で、離れる時にはそれを取り外して持ち歩いたらしい)
「テーブルウェアも、バカラなんかより素敵だよ。」
そして、いくつのお誕生日だったか、
ラリックの指輪をプレゼントしてくれました。
女神様の四方を、四尾のシャチが取り囲んでいる、
(まるで、私と4人の息子達だ。)
ガラスのレリーフをはめ込んだ、とても素敵な指輪です。
私は、それが大のお気に入り。
ラリックのグラスや食器を普段使いする様な、
優雅な生活は、なかなかできませんが、
気に入った香水ビンやペンダントを持つ事はできます。

今回の展示は、大正時代の勢いと自由を大いに感じるものでした。
特に女性は、生き生きしていたんじゃないかな・・・。
あの時代に、誰が、どんな場面で着ていたのかと思われるほど、
斬新でモダンなハートやトンボ柄の単物、流行の絵をプリントした長襦袢など、
色使いも刺激的で、慣習や伝統に囚われていないものに驚かされました。
中でも、私が一番心惹かれてのは、
柿内青葉の”美人”画でした。
浮き立つほど、匂いたつほどの美しさと、
内向した激しさが綯い交ぜになった秀作。
それに、橋口五葉の木版画もよかった。

女性の解放、自由だ!自由だ!と言われるけれど、
本当にそうなのかな・・・と、考えさせられました。
確かに、制度や物理的には自由を手に入れたかもしれないけれど、
自由って、実はこうして与えられるものじゃないのではなかろうか。
心の自由こそが、真の自由で、
実のところ、大正時代に生きた女性と今も差ほどは違わないんじゃないか・・・、
そんな事を感じて帰って来ました。

美術には、と〜んと疎い私ですが、
作品から衝撃やパワー、感動を受ける事ができれば、
全く主観的な見方でいいんじゃないかな。
と言うのが持論です。
でも、残っているもの、評価されているもの、見たい衝動に駆られたものは、
必ず見るべきとも思っています。
だから、4人の子ども達をぞろぞろ引き連れて、
美術館にもよく行きました。

今度は、原美術館にも行こう。
石田衣良の『眠れぬ真珠』に出てくる葉山の美術館にも行かなきゃ。
そして、今年こそは、直島にも。
あ〜〜っ、行きたい所がいっぱいです。

今回、金田中のカフェは、超混みで断念。
次回は、平日にランチと行きたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
10数年前、庭園美術館や隣の自然教育園、そして原美術館に歩いていけるところに住んでいました。子供の生まれる前は美術館へ、子どもが歩けるようになってからは教育園や庭園美術館の芝生でよく遊びました。
美術館にはあまり小さな子供を連れて行くのが憚れて、足が遠のいてしまいましたが、今は都立近代美術館が近くにあるので時たま覗きます。でもなんか違う感じが・・・。
 とにかく目黒駅周辺は学生〜子供連れの頃まで思い出がいっぱいです。

屋敷を見て驚くならば、駒場の都立文学館(まだやっているかな?)の旧前田邸、池之端の旧岩崎邸がいいですねぇ。際限ない金持ちの世界がわかりますよ。
ガンバ
2007/05/21 15:10
★ガンバさん
駒場の文学館、まだありますよ。
いいですよねぇ。
そうでしたか・・・目黒はお詳しいのですね。
妹一家が目黒在住で、その子ども達は皆、自然教育園の近くにあるプラチナ幼稚園でしたから、私も甥っ子達と行きました。

私は、どこにでも一人で子ども達を連れ歩いたので、バブバブの頃から大人の空気に馴染んでいたようです。ただ一度、舟越保武の彫刻を見に行った時は世田谷美術館の展示室の入り口で、子ども達が一斉に泣き出したので弱りました。私は、あの人の静謐な彫刻が大好きで、どうしても見せたかったんですが、あれだけは駄目でした。冷や汗たら〜〜っでした。
ダイナマイトママ
2007/05/21 16:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
美術館の週末。 ダイナマイトママの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる