ダイナマイトママの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 本を買う。

<<   作成日時 : 2007/05/09 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

結局、悪四は塾へ行ったので、夕方も私一人です。
まぁ、一人って事があんまりないので、結構楽しいです。

今日は、一日外へ出ていないので、
歩いて三茶の本屋さんへ行く事にしました。

私は、本屋さんが好きです。
あっ、図書館も好きです。
てか、本が好きです。
てか、本を読むこともそうですが、
本そのものが好きです。
だから、本を持っていたい人です。

若い頃は、本も買うと高いので、
よく図書館のお世話になっていました。
でも、どうしても欲しい本は、お金がなくても買いました。
今、嬉しいのは、ためらわず本が買える事です。
買って、読んでいない本も山のようにありますが、
でも、買ってしまうんだなぁ。

子ども達が小さい頃は、よく図書館へ行きました。
子ども達は、靴を脱いで子どもコーナーの絵本を見るのが好きでした。
でも、いい年のおじさん達が、
新刊をわざわざ図書館に買わせて読んでいるのには閉口しました。
図書館てさ、そういう使い方するとこじゃぁないでしょ!
そのくらい、自分で買えよっ!と思っちゃったりしました。

画像


何でも読みますが、最近は難しいものがと〜んと読めなくなりました。
学生の頃の方が、ずっとちゃんと読書していました。
特にトルストイとかトーマス・マンとか外国の大作は、
当時でさえ歯を食いしばって、読みました。
もう今じゃ、気力も根性もなくて読めません。
てか、読みたいとも思いませんが。
学生の時は『アンナカレーニナ』とか『戦争と平和』とか、
どうしてそんな根気があったのか、わかんないけど読んでいましたねぇ。

高校時代は、そうして半ば見栄で読んでた本以外には、
有吉佐和子圓地文を好んで読みました。
どうして、その辺が好きだったのかしら。
当時ちゃんと理解して読んでいたのか、よく覚えていませんが、
大好きでした。

今日は、そんな事を思い出しながら本屋さんへ行きました。
まず入ってすぐの平積みのコーナーを見て、
新刊の単行本をチェック。
パッと、沢木耕太郎『246』が目に入りました。
この本のサイズに、やられて、買いっ!
次に、ハードカバーをざ〜っと見ます。
どうしても、どういうわけだか、
浅田次郎とか石田衣良は、
ただただ顔がヤダとか、
小洒落た装丁がバカにされてるみたいでヤダとか、
そんな可笑しな理由であまり手にした事がありませんでした。
なのに、今日は、”今年NO1の恋愛小説”という帯にやられて、それで買いっ!
隣の島に移って、エッセイの文庫本を見ます。
パッと開高健『知的な痴的な教養講座』が目に飛び込んできました。
以前、どうして男ってみんな開高健が好きなんだろ・・・、
そう思ったことがあったっけ・・・今の私ならその意味が解るかな、それで買いっ!
続いて、奥の小説の棚をぐるっと見ます。
そこで、懐かしい有吉佐和子の名に目が止まりました。
『紀ノ川』、高校の図書館で、
このハードカバーを借りました。もう一度読んでみようかな。。。。
高校生の私が、どうして好んで読んでいたのか、
何だか急に思い出して見たくなって、買いっ!

今日は、この四冊でおしまいにしました。
必ず、読まなきゃ。
文庫本はバッグに、単行本はベッドサイドに、
二冊は同時進行で読みます。

小説は、読んだ端からあらすじなんかすぐ忘れちゃいますが、
最高の友であります。
義母・きよちゃんが、晩年「根が続かなくって、本当に本を読めなくなったよ。」
そう、よく言っていました。
若い頃は、やはりたくさん本を読んでいたようです。
泉鏡花とか、好きだったみたい。
でも、やっぱり読めなくなるんだ・・・。
きっと私もそうなるんだな・・・。
精々、今のうち読みたい本をやっつけましょう。
そして、もっと年を取ったなら、
きよちゃんのように、
美しい写真がいっぱいの旅エッセイでも読む事にしましょう。

今夜は、読書でおやすみだ〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
私もめっきり読書量が減りました。なぜか、それは目ですね、長い時間活字を追うのが厳しいです。また確かに気力もあって長続きしなくなりました。このところ歴史物ばかり読んでいます、平行してお気楽エッセイやバイクの本かな?
圓地文子は源氏物語でお世話になりました。

今でも毎月アマゾンの支払いが一万円を超えてしまいます。それでもかなり減った方なんです、女房が凄いんです。
ガンバ
2007/05/10 06:31
★ガンバさん
やっぱりそうですか?!
奥様も揃ってアマゾンユーザー?そりゃ、大変だ!
でも、本を買っちゃう気持ちはよ〜くわかります。生活に少し余裕ができて、幸せだな〜と思うのは、買いたい本が買える事です。
私も最近は、ネットで買う方が多くなりましたが、本屋さんへ行くのは何故か好きです。
ガンバさんお薦めエッセイは、何ですか?土屋賢二とか好きそうだが・・・?
ダイナマイトママ
2007/05/10 06:57
おいらも読書好きッス!! 本屋で背表紙眺めているとタイトルが目に入り「この本は今買って読め」って言われる時があります。今、まずい事に乗換駅である東京駅に大きな丸善があって、素通りできません。特に通勤時に車内で読む小説を選ぶのは楽しいですね、つい先日までは地元のガンバさんお奨め、時代劇小説の山本一力を何冊か読んでいましたが、今はレクター博士のシリーズ一式。

先日出たカラマーゾフの新訳本、もう一度読みたいのと、北方健三の水滸伝も行ってみたいなー。ウチのかみさんはフォトラーニングなんて速読を覚えて、さっさと読み切っちゃいますが、私はどちらかというと句読点の付き方からじっくりと文章を追っていくのが好きなモノで、速読はもったいない気がして・・・、ビジネス書などはいいんですけれどね。
ウィルビウス
2007/05/10 11:53
★ウィルビウスさん
こんにちわ!
私も、読むの遅い方だと思います。気になると、戻って読み返したりします。でも、表現がまどろっこしくて、展開がもたつくと飛ばし読みしたりします。面白くなってくると、途中で止める決心がつかなくて、いろんな事がおろそかになります。でも、そういう場合、ほとんどは読み終わるのが勿体無くて、変な葛藤を覚えます。
そんな時は、幸せです。
ダイナマイトママ
2007/05/10 15:41
私が小学校低学年の頃読んだ、ポプラ社の『マンモスの狩人』という本があったのね、1950年代後半にシベリアで初めて氷漬けのマンモスが見つかってそれを掘りにいく話なんだけれど。学校の図書館で借りて読んだから、それ以来どこでもお目にかからなかったの。3年ほど前何気なくアマゾンで引いたら再販物が出ていて思わず買いました。ほんとにうれしくて着いたその日に読んでしまいましたが、これは人生最大のよろこびの一つでしたね。ちなみに初版が1959年でした。
今読み返すと子供文学じゃなくってちゃんとした本だったんで驚いた。
ガンバ
2007/05/10 15:43
★ガンバさん
それはね、至上の喜びなんだよね。もう、よく分る。そうやって、早いうちに、本を読む楽しさにに出会えた私達は、実に幸せで、大人になってからもそういう喜びがあるんだよね。私は、佐藤さとるの『だれも知らない小さな国』これを長男に読み聞かせたくて、数十年ぶりに手にして読み返したときの喜びは、筆舌に尽くしがたいものがありました。あの本は、私の宝物なの。
ダイナマイトママ
2007/05/10 15:58
本は好きです。
本屋も好きです。
でも、本屋に入るとなぜか生理現象が・・・

まぁ、それはさておいて。
時間つぶすにもいいし、今の流行を知るのもいいし、自分の言葉にできない想いが文章になっているものを見つけたときには「これだよ!」と思えます。

こちらは本屋(何でもある大きな・・)がないので、昔は新宿の紀伊国屋で軽く1時間はいました。
今は、有楽町の三省堂がお気に入り。
わざわざはいけないけどね。

歴史物好きですね。
戦記ものは旦那の影響もありよく読みますが、これがまたためになることが多い。
後は仕事に関する本が多いかな。

映画の原作は、読んでから観るか、観てから読むか。
そのときそのときで違うけど、大体は原作が勝つ。
しょうがないよね。

じっくり読んじゃうので、なかなか前に進まない。

一番最近読んだのは、佐伯ちづ「頼るな化粧品」でした。
チャンチャン。
はな
2007/05/10 19:04
★はなちゃん
そうそう、ちょっと歩いて本屋さんってわけにはいかないもんね。
でも、はなちゃんは未だに勉強し続けてるんだから、
いろんなもの読むでしょ。それにレポートも書くでしょ。
偉いよねぇ。
”読む”作業は、仕事でなければ、楽しいね。
研修会の資料はできましたか〜?
ダイナマイトママ
2007/05/10 20:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
本を買う。 ダイナマイトママの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる