ダイナマイトママの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界一の朝食。

<<   作成日時 : 2008/01/07 15:51   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

以前、ピアニストの倉本裕基さんが、コラムに書かれていました。
『神戸北野ホテルに泊ったら、朝食のメニューに半熟卵があって・・・』とね。
私は、それを読んで以来、ずっと”神戸北野ホテル”に行ってみたい・・・そう思っていたんです。
だってそうでしょ?
今時は、どこのホテルもアメリカンスタイルの朝食で、
そりゃ、ウェスティンの朝食なんか、品数も豊富だし、
お値段もいいけれど、お昼がいらなくらいの豪華なブッフェ。
それは、それで嬉しいけれど、
でもきっと、いや絶対、北野ホテルは違うはず。
エッグスタンドに収まった、見事な湯で加減の半熟卵を、
オシャレで気の利いてるエッグカッターで割って食べさせるような朝食ですよ。
素敵に違いありません!
そう、確信していたのでした。

で今回、丁度神戸の三宮に住む伯父を訪ねることになって、
それでは、念願の北野ホテルに泊りましょ!と相成ったのでした。
早速ネットで検索。
やはり想像通り、 《世界一の朝食》とあるではありませんか。
もう期待充分で、予約を入れました。

まぁ、これがディナーのカジュアルフレンチもすこぶるイカしていたんですが、
朝食は、予想をすわ回る美味しさでした。

フランスの三ツ星レストランのオーナーシェフ・ベルナール・ロワゾー氏から贈られた、
”世界一の朝食”の称号を持つ、メニューをリモージュの食器でいただきます。
画像

         《まずはじめに、新鮮なフルーツのフレッシュジュースが三種類》
         《左からマンゴー・青りんごとパイン・オレンジです。》


画像

         《可愛らしいカップにコーンのポタージュスープ》
ここからは、籐の大きなプレートに乗せられた朝食の数々がダ〜〜ッと運ばれてきます。
画像

いかがです?
見事でしょ?
籠に山盛りのパンは、
クロワッサンからドライフルーツのケーキ、フィナンシェ、
天然酵母のバケットなどなど7種はあります。
これは、食べきれなければお持ち帰り出来るんです。
次に、ヨーグルトです。
これは、ホテルオリジナルの栗の蜂蜜で。
フレッシュフルーツが見えますね。
白ワインなどで造られたこれまたホテル特性のハム、絶品です。
カリカリベーコンやソーセージじゃぁないんですよね。
だからオイリーなものは、一切ありません。
生ハムの時もあるようですがね。
そして、待ってました!半熟のゆで卵です。
画像

        《錘の丸い玉を上からトンと落として振動で殻をまーるく割るのです。》
これが、一度では上手くひびが入らずに2、3度トントンと落とします。
気づけば、そこここのテーブルでトントンという音がしています。
オシャレで楽しい朝の儀式のようです。
真ん中の下に見えるのは、チョコとオレンジ味のタピオカです。
中には、ナッツも入っていて、予想を裏切る美味しさなのです。
品の良い甘さに、楽しい食感、
朝食には水分補給と糖分の摂取が肝心と言わんばかりのメニューでしょ!?
それに、プルーンのコンポートが出てきます。
これは、ポテッと柔らかく甘さを抑えた驚愕のプルーンです。
私達は、完食しました。
だって、美味しいんですもの!!ア〜〜タ!!
画像

銀のポットに温かいミルクでカフェオレが登場します。
自分達で作りますが、フレンチスタイルで1:1、たっぷりとおかわりしていただきます。
画像

         《バナナとキャラメル生姜・柿・オレンジのミルク・栗の蜂蜜》
          《バターは3種類、ドライトマトとガーリック・パセリ・プレーン》
季節によって変わる自家製コンフィチュールです。
どれを食べようか迷いますが、オレンジのミルクコンフィチュールは美味しかったです。

ざっとこんな感じです。
上手く撮影できていませんが、どれもこれも丁寧な仕事が施されている、
とても贅沢な朝食でした。
レストランも、カメラに収めるのが憚られる・・・と言った、肩苦しさは無く、
サーブしてくださる方も気さくで、他のお客さんもみんな笑顔です。
とってもアットホームな雰囲気。
朝日が降り注ぐパテオでの朝食です。(冬場はテントが張られていますが。)
確かに、京都の瓢亭で朝がゆをいただくのに匹敵の、
フレンチモーニングです。
満足。

画像

神戸北野ホテルは、本当に小さな、でもアットホームで温かい良いホテルでした。
有ちゃんと二人、のんびりと過ごす事ができました。
また、必ず訪れたいホテル・・・となりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
名前は聞いてますが、こんな凄いホテルとは知りませんでした。
家から1時間半もあれば行けるのに・・・
20年近く前に、この付近で給料の大部分を飲み屋に注ぎ込んでましたわ。
給料を貰って、飲み屋に行って、借金を払って、また借金を作って帰ってくると云う自転車操業をしてました。(笑)
とうちゃん
2008/01/07 21:56
ウヒャー、何とも贅沢な朝食。
贅沢な食事って出される料理の量や質ではなく、時間を掛けて楽しく頂けるかによると思うんです。それからすると今まで見聞きした朝食の中でも一番の朝食や〜!(彦麻呂風)
なんだかガソリン給油するような食事からいい加減脱却したいですね、歳も歳だし。
ウィルビウス
2008/01/08 11:17
☆とうちゃんさん
神戸は、そんなもんでいらっしゃれますか?
しかし、近ければお泊りの必要はありませんもんね。
ご近所さんほど分らない事ってありますね。

あの近くの飲み屋さん街ってどこ?
とうちゃんさん、あの近辺でブイブイ言わせてましたねぇ!!
宵越しの銭はもたねぇってやつですね!旦那!
ダイナマイトママ
2008/01/08 13:08
☆ウィルビウスさん
いや〜〜ウィルビウスさんにそう言って頂けると何だか嬉しいです。
確かに、子ども達が小さい頃は、ほとんどハンバーグやらスパゲティやらそれはそれで悪くはないけれど、お腹をいっぱいにするための、半分”餌”感覚の食事が多かったです。でも、そろそろ量より質に拘って、絶対に一食を無駄に食べない。美味しいものだけを食べよう。そう心掛けたいと思うようになりました。そうしたら自然とスリムになって行くのかもしれませんね。
ダイナマイトママ
2008/01/08 13:14
へぇ、すごいですね。
なんか2時間位かけてのんびり食べれそう。
気が付いたらお昼かな?
まぁちゃん2号
2008/01/09 08:57
北野ホテルのちょっと南側に生田神社(藤原紀香が結婚式したところ)が有りますよね。その東側に『東門街』って言う繁華街があって、そこに出没してたんですよ。当時は単価が安かったんですけど、何軒もハシゴすれば高くつく訳で・・・(笑)
阪神大震災で、その繁華街も一時は壊滅的な打撃を受けました。行きつけのスナックも無くなっちゃいました。(T.T)
とうちゃん
2008/01/09 21:26
☆まぁちゃん2号さん
おめでとうございます!!
そうなんですよねぇ、これはやはり時間に余裕がないと駄目でしょうね。
だから余計にお休みを満喫、実感できましたよ。

でもね、その後すぐに南京街で角煮まんを食べた私。
ありえないでしょ。
今、体重もありえないことになってます。
ダイナマイトママ
2008/01/11 08:49
☆とうちゃんさん
何だかタクシーの運転手さんが、教えてくれた気が・・・。

とうちゃんさんは、はしご酒派ですか?!
私は、北海道出身ですが、冬に”すすきの”ではしご酒ってのがいい〜〜んですわ!昔はつるんつるんにすべる歩道を酔っ払いながら歩いて次のお店へ移動、寒さで酔いが醒めちゃってね、でまた飲むんですわ!
ダイナマイトママ
2008/01/11 08:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界一の朝食。 ダイナマイトママの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる