ダイナマイトママの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 『心眼』

<<   作成日時 : 2008/05/01 13:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

以前、ブログで目が見えなくなった・・・・と愚痴ったら、
ガンバさんに、『心眼』を鍛えよ!とアドバイスを頂きました。
確かに。

で、早速、
その教えをそっくりそのまま悪四に伝える事となる出来事、
発生したんです。

先日、悪四が自転車仲間と二人で、新宿の自転車やさんに行くと出掛けて行きました。
すると、間もなく私の携帯に警察から電話が。
ドキッ。。。。。
事故?
心臓の鼓動が早くなるのが分ります。

「渋谷の道玄坂上交番です。○○君はお宅のお子さんですね。」

そりゃ、男4人も育てていれば、警察からお電話いただくことも、時にはござんす。
でも、何度受けても、警察からのご連絡は、イヤなものですなぁ。

事の次第は、こうです。
道玄坂の車道を悪四が先頭で自転車で下っていたところ、前方を走行のタクシーが白線の内側で急停車した。
その想定外の急停車に、対応しきれなかった悪四がタクシーの後部に追突。ウィンカーが破損。
怒った運転手さんは降りてきて、ウインカーが割れているのを確認すると、
「な〜〜にやってんだよ!!3000円ありゃ大丈夫だから持ってるならそれでいいよ!」
と、(そう言うのは示談って言うの?)3000円を取って、さっさとその場を立ち去った。
で、その様子の一部始終を見ていた、通行人のおじさんが、何も抵抗できない中学生から、威圧的な態度で3000円取り上げて立ち去った、けしからんタクシーの運転手!これは、警察に行った方がいいと、二人を連れて最寄の交番に行って下さった。

・・・・・・とまぁ、こんな事でありました。

もちろん、警察はすぐにそのタクシーを突き止めて、
運転手さんを交番に!
そして、私のところにもお呼び出しが!

現れた運転手さんは、思いのほか低姿勢で、私が謝ると、もっと恐縮した感じで、その3000円はいらないと返してくれました。(ホントにいいのかな?)
警察の方も、双方がそれでよければってんで、お互い今後は気をつけて下さいと言って調書を取って終了と相成りました。

悪四とその友達は、私が到着するまで、しばらく、おまわりさんから自転車の走り方や、コース選択などご注意とアドバイスを頂いたらしいです。凄く良いおまわりさんで、忙しい中丁寧に対応してくださいました。
私には、「息子さん達は、かなり自転車で方々へいらしているようですから、保険をかけられた方がいいと思います。どうぞご検討下さい。」とアドバイスくださいました。

考えてみれば、前方不注意、タクシーがお客さんを見つけて急停車するかも・・・というイメージができていなかった悪四ももちろんいけないのですが、そのタクシーの運転手さんもやっぱり大人の対応じゃぁなかったですよね。
それに、プロドライバーとしては、後方確認が出来ていないわけで、いきなりの停車やドアの開閉は全くもって危険である事を認識していただかなくては困ります。
今回は、自転車だったからまだこれで済んだようなものですが、来年バイクに乗るような事があれば、こんな危険は本当に日常茶飯事です。
考えるだけで、ヒヤッ!!
その度に、また「警察です。」と電話を受けるのかと思えば、ゾ〜〜ッとします。

悪四だけではありませんが、まっこと『心眼』磨かなくてはなりませんね。
タクシーの後ろは、走らない。
と言うのが、正しいかもしれませんが・・・。
都内を走るのは、リスクがいっぱいです。
悪四達にもいい教訓となりました。
もう〜〜っ!心配させんでくれよ!

【オマケ】
交番を出て、私が悪四の頭を2,3発ぶっ飛ばしたら、おまわりさんがみ〜〜んな出ていらした。
「お母さん・・・・」
「あらっ、ごめんあそばせ!虐待ではございませんのよ。お〜〜ほっほっ!」
と言って、早々に立ち去った。
危ない、危ない!
今度は、私が逮捕されちまう!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
怪我が無くて良かったですねぇ。
ほんと街中は危険がいっぱいですね。
注意を払う事もさる事ながら、心眼も鍛えなきゃ デスね。
私も久しく街中を走ってないので、多少あった心眼も「ゼロ」かも・・・ヤバ〜イっ。
ちか
2008/05/01 14:57
☆ちかちゃん
街中を走るのは、やっぱ慣れもあるよね。目配りや予感の察知、これは経験を積まなきゃ難しいって事ある。

しかし、追突すんなよっ!でしょ?!
ダイナマイトママ
2008/05/01 17:46
心眼云々は置いといて・・・。
私がいつもタクシーに怒っているのはそういうふざけた運転手が二種免許を持って営業しているという事なんですよ。プロとしての自覚もプライドも無いんだ。ママさん、タクシーの運転手に対してもっと強気で行った方がいいよ、(それが目的じゃないにしろ)ペナルティー与え、もっと自覚させた方がいい。場合によっては選別された方がいい時だってあるし。
いずれにしてもおにいちゃんが怪我が無かったようでよかったけれども、バイクに乗ると自転車の比じゃないからなぁ。
いつも息子にも、息子の友達にも言うんだけども、とにかく鍛錬しろと、上達の過程で痛い思いはなるべくするなと。また、トラブルがあったならでかい声を出して周りの大人に助けを求めろとも言っています。

好きな乗り物で痛い思いはしたく(させたく)ないものね。
ガンバ
2008/05/01 18:18
ガンバさん、チカさんコメント有難うございます!!
自分の不注意が原因で事故になってしまって本当に皆様には迷惑ばかりかけています(反省、、)
今度からは注意して走りたいと思います!!
悪四
2008/05/01 19:39
ま、無事でよかった。
世の中にはもっと悪い人がおおいからね。
3000円じゃ済まないような事態にも…
でも、バイクも自転車も「危険予知」が大事ですね。
はな
2008/05/01 21:12
無事で何よりでしたけど、万が一、悪四クンが怪我でもしたら、そのタクシのオッチャンは、人身事故ですからねぇ。
タクシーのオッサンには、腹が立つこと多いですよ。客を乗せるために考えられない急停車なんて、ザラですから。(▼▼メ)
とうちゃん
2008/05/01 22:58
色々考えさせれますが、教訓とすて活かせば良いじゃないですか?
実は私も田舎のハナタレ中坊の頃はチャリンコ少年で、よそ見をして、タクシーのドテッパラに突っ込んで、タクシーの運ちゃんが家に来た事がありましたね。また、夜中、必死でスピード出して、工事中の柵に突っ込んで大事なチャリのフレームを折ったりしたこともあったし、当時は1日100Km位のツーリングをやってたりで色んな経験がありました。今も大して変わりませんが、無事で居られるのは当時の授業料だと思ったりしています。そんな訳ですから授業料と思えば・・・。
爺S馬力
2008/05/01 23:46
とりあえず、怪我がなかっただけ良しとしましょう。悪四君にはママさんの叩きの方が痛かったんじゃないかな?気をつけてね。
車線変更でタクシーに勝ったらドライバーとして一人前、なんて免許取立ての頃は友人達と言い合っていました。
タクシーに先を譲るようになれば、人間として一人前、なんですよね。
スト
2008/05/02 00:13
☆ガンバさん
ガンバさんが、以前からプロドライバーについて書かれているのを読ませて頂いていました。私も同感で、職業ドライバーとして一般のドライバーの手本となるべく自負とそれなりの技量をしっかりと持って走ってもらいたいと思っていました。確かに、息子達には、いざと言うときの対処方を平素から教えておかなければなりませんね。今回も通行人のおじさんが警察に連れて行ってくださらなきゃ、うやむやになっていたところでした。実際その方には、中学生がタクシーの運転手さんに恐喝されていると言うように見えたらしく、警察にもそのように伝えて行かれたそうです。教えておかなければいけない事、まだまだ沢山ありそうです。
ダイナマイトママ
2008/05/02 08:16
☆はなちゃん
いやホントよね〜、黒塗りのメルセデスなんかから強面のお兄さんなんかが降りてきた日にゃぁね。
怖い事だわっ!
ダイナマイトママ
2008/05/02 08:18
☆とうちゃんさん
以前、お客さんを乗せるために、3車線の一番右から強引に左車線にビュ〜〜ンと一気に車線変更したタクシーを見ました。凄い事するな・・・って思って見てましたが、バイクを乗るようになった今は、巻き込まれないように注意しなくちゃ。。。って感じです。(▼▼メ)
ダイナマイトママ
2008/05/02 08:23
☆爺S馬力さん
爺S馬力さんも自転車小僧でしたかっ!
自転車で100キロは凄いっ!
全くねぇ、悪四にはしっかり学んでもらいたいです。どうして新宿行くのに渋谷のど真ん中を突っ切って行こうと思ったんでしょうかね。コース選択にも間違いがあります。それに、自転車み以外にスピードが出て、止まらんのですよね。
ダイナマイトママ
2008/05/02 08:27
☆ストさん
なるほど!タクシーに車線を譲らないテクニックと譲る心の広さ両方を兼ね備えて一人前って事ですね。面白い!!
ストさんのおっしゃるとおり、多分私にぶっ飛ばされた頭の方が痛かったでしょうね。でも、こんな時は身に応えさせて学ばせねばなりません。おまわりさんが、「お母さん!お母さん!・・・・」と言って出てこられたので息子がホッとした顔で「でも、家に帰ったらもっと怖いっす。。。。」と救いを求めたんですね。だから、「オ〜〜ホッホ!虐待ではございませんのよ。でも家に帰ったら、鼻の穴に指突っ込んで往復ビンタでですわ〜〜はっは〜!」と、言ってやりました。おまわりさん苦笑いです。心配を通り過ぎると怒りに変わる事ありませんか?
ダイナマイトママ
2008/05/02 08:38
子供はホントいくら注意しても、「ただいまー」の声が聞こえるまで親としては心配ですね。ガンバさんも言うように今のタクシードライバーにプロ意識はありませんね、特にタクシー会社の運転手。失業者対策の受け皿にしちゃった行政にも原因はあると思いますが、バイクで安全に公道を走る先輩からの教育は必要ですね。
後はバイクの単価を、ぞんざいなライディングさせないためにも、高価なバイクに乗らせる事。
もしウチの子供がバイクに乗りたいと言った時の、親として出来る事はこの二つくらいかなと。
virbius
2008/05/02 11:05
☆virbiusさん
こんにちわ!
いや〜確かに帰ってくるまで心配ですね。おっしゃるとおりです。
我家も、7人中バイクの免許を持っていないのは悪四ただ一人となりました。それも、来年には待ちかねたように教習所に通い出すんでしょうね。でも、卒業して免許貰ってくると、教習所の教官より厳しい、「父さん教官」の公道レッスン、そしてツーリング講習が待っています。
まぁ、それでも追突したり、転んだりして帰ってくるんですけどねぇ。。。
ダイナマイトママ
2008/05/02 17:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
『心眼』 ダイナマイトママの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる