ダイナマイトママの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS Maris et Gillie<マリス・エ・ギリー>

<<   作成日時 : 2008/10/07 10:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
 この週末も北海道に帰っていました。
 とは言え、金曜日の最終便で行って、
 日曜日の最終便で戻るという相変わらずの強行軍。
 誰かが病気やらではなくて、
 お祝い事があっての里帰りでしたから、気分的には楽なものですが、
 それにしても忙しい日々が続いています。
 ここ数年、段々と季節がずれ込んでいる実感がありましたが、
 今年の北海道は、この季節でも日中は半そでにビーサンでもOKと言う、
 驚異的な温かさでありました。
 って、そんな季節はずれの格好は私ぐらいですが・・・・。
 で今回は、二つの素晴らしい音楽に出会う事が出来たので、
 ちょっとご報告です。
 一つは、<マリス・エ・ギリー>というバンドのジプシージャズ
 そしてもう一つは、雅楽の演奏で舞う舞楽です。
 全く対極にある音楽ですが、どちらも心奪われる音そして演舞でした。



私は、今までジプシージャズと言うカテゴリを意識して演奏を聴いた事がありませんでしたが、
生の演奏を間近で聴いて、不思議と懐かしい気持ちがしました。
バンドの編成としては、Contrabass、Guitare solo、Guitare rythmique、そして今回はviolin。
Contrabass担当の田村君が昔からの知り合いで、この機会を得たのですが、
本当にカッコよかった〜〜〜。
主な活動は、札幌のようですが、私がイベンターだったら絶対に東京に来て頂いて、ライブを企画するのになぁ。。。
確かなテクニックと情熱がほとばしるパフォーマンスに、感動しました。
詳しくはを!!
http://www.hellobookstore.com/ongakukai/home.html

もう一つは、雅楽の奏楽に合わせて舞う舞楽です。
演目は、『蘭陵王』と言うものでしたが、これもまた初めての体験で、
それなのに遺伝子の中に確実に組み込まれているかのようなシンパシーが。。。
この楽人さん達が、日本でも有数の奏者であるらしく、
笙や篳篥、笛の音はキリッと澄みわたり幽玄の世界をつくり出すのです。
いや、あっぱれ。
私のご先祖様もきっと聴いていらしたのでしょうね。
その記憶が、私のどこかに残っているのでしょう。
鳥肌ものでした。

太陽の日差しや匂い、風だけでなく、音の世界も。。。
五感を研ぎ澄ませて、マスマス豊かな人生になって行けばいいなぁと、
そう思った週末でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ニアミス。
土曜日朝札幌へ、土曜夜旭川へ、日曜夕方札幌から羽田。
会えたかな?

ワタシもなんだか1泊なのに、精神的に充実した2日でした。
是非今度はママの案内で行ってみたいものですね。
演舞も興味深々。
せの
2008/10/07 23:30
 せのちゃん
エ〜〜〜ッ?せのちゃんも北海道にいた?
う〜〜ん、ニアミス。
私は8:35のANAだったんだけど、夕方には空港にいて”味の時計台”でラーメン食べてたぜ。な〜〜んだ、なんだ。
いいお天気の週末だったね。
雅楽の公演がある時には、今度声を掛けましょう。
ダイナマイトママ
2008/10/08 08:55
ニアミス!私もずっと札幌にいましたのにっ!(笑)
帰郷されていたのですね〜。
今後お時間のある時には素晴らしい音楽にご一緒させていただきたいものです・・・・。
あれっ・・・よく考えてみたら・・・その週末、私は東京に行ってました(;´▽`A``
ANA便だったのである意味ニアミス・・・?
anikura
2008/10/18 00:44
 anikuraさん
どうもお久しゅうございます。
あらまっ、そうでしたか?!
天の神様がご覧になってるとしたら、可笑しいでしょうねぇ。。。

札幌にある、はろー書店てご存じですか?
アンティーク雑貨や絵本のお店と聞いています。
そちらの店主がバンドのメンバーの方のようです。
私も、今度帰省したら、立ち寄ってみたいと思っています。
ところで、バイクは?
ダイナマイトママ
2008/10/18 18:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
Maris et Gillie<マリス・エ・ギリー> ダイナマイトママの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる