ダイナマイトママの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝から総攻撃にあう。

<<   作成日時 : 2008/10/30 11:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

家族が全員そろった朝の食卓。
話題はやはり悪四の高校受験

私が
「この間ね、学校説明会に行ったついでに、部活の顧問に会ってお話して来たんだけどね・・・。」
と話すと、三人の兄たちが一斉に私を見る。
「お母さん、変わったねぇ。」
「甘いね〜〜ぇ!」
「僕たちの時にはなかったね。」
と口々に。。。。

あらっ、そうだったかしら・・・ととぼける私。

「僕たちの時には、中学で義務教育は終わったんだ。高校に行きたければお金は出してやる。が、自分で探して決めて来い。ここに行きたいと思った所が決まったら、説明会には行こうじゃないか。そう言ってたんだよ。」

う〜〜〜ん、そうだったね。。。

「そうだよ、自分で決めたら、合うとか合わないとか関係ない。絶対に3年間通いとおせ!ってね」
「僕なんか、我が家の経済状況ではお前は私立にはやれんから併願も許さん。都立一本で行け!ってそれしか受けさせてももらえなかったんだから。」
と、長男がダメ押し。

確かに、その通りだ。
今、思えば鬼母よのう。。。
上の3人の時から思えば、何事においてもついつい”転ばぬ先の”になってしまう事が多い私です。
いかん、いかん。

高校でもソフトテニスを続けるのか否か。
何をポイントに学校を選ぶのか。
肝心な事は、自分で考えて自分で選択して、自分で責任をとる。
これまではそうさせて来たのに・・・どうしても悪四には口も手もでてしまうんですね。

我が家一の体育会系、次男は、
「強い部活の顧問なんてね、みんなカラーがはっきりしてるんだよ。先生と言えども人間だから好き嫌いも正直あるんだ。高校で部活を続けるなら万が一その先生に干されても3年間食らいついてく覚悟がないとダメなんだよ。以外に個性の強い人が多いからね。」
と、的確なアドバイス。
インターハイの常連校といった強豪校は、当然練習も厳しいし、個性的な監督が多いので、事前に練習に参加したり、話を聞いたりしなければなかなか判断が難しいようです。

「高校は部活で決めちゃいけないんだ。」
「大体、母さんが顧問に会ってどうするの?母さんが高校行くわけでもないのに!」
「そんな事やって、いざ高校が自分に合わないとか言う事になったら、絶対コイツは母さんのせいにするよ!」
「自分で考えて、自分で決めさせな。」

何ともみんな手厳しい。
いや、私達がそう育てたんだったっけ・・・・。
兄さん達は、私の甘・アマぶりを一斉に非難したわけです。

私も歳をとったのか。

しかしね、腹立たしいのは悪ガキ四男。
その兄達の言葉をじっと聞いていて、何を言い出すのかと思いきや、
「そうだよ!お母さん僕の事いつまでも子ども扱いするでしょ?」
だと〜〜〜〜っ?!

でもね、私も大いに反省です。
「君のためだよ!という”おせっかい”が、悪四の考える作業を阻んでいたかもしれません。」
さ、どんな決断をするのでしょうか?
高校時代は、楽しいよ!
兄さん達にも話をよく聞いて、悩んで悩んで決めてくれっ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
実際母さんは甘すぎると思いますけど・・・
ボクの時もあれくらい協力してほしかったなー
K参号
2008/10/30 17:51
大丈夫ですよDママさん。
家の女将も下の男の子(9歳)を溺愛していて           、私がかまい過ぎだと言うと
「子育てに不参加だったくせに何を言うのか」と反論されますが、母性の
末っ子(男の子)には特別な想い入れが在るのでしょう。
 
K参号さん>
甘やかされ無かった事を、感謝する日が必ず来ます。
こんな私にも在るのです。
私は父(私の親方)の元に弟子入りしてこの世界を見聞きしましたが、
褒められたのは1度きり。其れもみまかる2週間前の病院のベットの
上での言葉でした。
思い出して今涙しておりますが、そうして育てていただいた事が、今の
自分の仕事観、果ては倫理観にも生きております。
確かに頭を撫でて欲しい瞬間はあります、よーく理解できます、でも
それでは男は育たないのです。
男は男に生まれて来るのではないのです。
環境と個人の努力で男(漢)になるのです。
 
Dママさん素晴らしいお子さんを育てている事に自信を持ってください。
子育て不参加に○を付けたダメおやじより。

親方
2008/10/30 18:45
親方さん、たしかにボクも甘やかされていては男(漢)になれないと思いました。

厳しく育ててくれた両親に感謝し、厳しさの中の愛情に気づける大人になりたいです。
そして、弟にはなんだかんだで甘やかしてしまう母の下でも
自分を律して強い心を持った男になってほしいです。
K参号
2008/10/30 21:25
 K参号クン
コメント光栄です。
あんときゃ、散々言ってくれましたね。
まぁ・・・おっしゃる通りです。
将来、君が念願の教壇に立つ時が来たら、私よりもっと手ごわいモンスターマザーを相手にせねばならないかもしれませんよ。その時にこそ、強い信念と深い人間愛で出来なさを愛せる教師であれるよう、願い応援していますぜぃ。
ダイナマイトママ
2008/10/31 08:17
 親方さん
コメントありがとうございます。
何だか、私までジ〜ンとしてしまいました。親の思いとは、何と深いことでしょうね。
>男は男に生まれて来るのではないのです。
>環境と個人の努力で男(漢)になるのです。
本当ですね。これは、真実だと思います。女は、生まれた時から女ですが、男は男になって行くのだと私も実感しています。
親方さんのお父様のように、私も深い愛で厳しく子どもを育んで行きたいと思っています!!
ダイナマイトママ
2008/10/31 08:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝から総攻撃にあう。 ダイナマイトママの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる