ダイナマイトママの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 親として困る事・・・・。

<<   作成日時 : 2010/12/15 11:14   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

先日、夜遊び三男がテレビを見ていてこう言った。

三男「ねぇ、母さんさ、僕達がお笑いやりたいって言ったらどうする?」


私「う〜〜〜ん、その質問、音楽やりたいってのと同レベルで親が答えに困る職業だね。」


三男「そうでしょ〜」と、薄笑い。

試してるんです。コイツ。


私「別に良いんじゃない!反対しないけど・・・。」

あっさり答えると、

三男「へ〜〜〜っ、そうなんだ。自分の息子だったら流石に反対すると思ったよ。」





先回、移民するという長男についてブログをアップしたら、
"親方さん”が、「私は、2人の子供に対して、そんな気持ちになれる日が来るとは、想えません。」と、
コメントを残して下さった。


親方さんの気持ちもよ〜〜く理解できる。


で、件の三男との会話を思いだした。





実際にそうなってみないと、本当のところは解らない。。。。


けど、有ちゃんの学生時代の友人からの今年の年賀状。
―大学在学中の長男ですが、東京NSCに通い”お笑い”芸人の道まっしぐらです。―
とあってビックリ


文面からは、親も応援しているのが読み取れる。




人生の先輩として助言はするけれど、反対はしないかな・・・・・。





それはさ、な彼女を息子に紹介された時にも繋がると思うんだけど・・・


私、最終的には「糞には銀バエ、花には蝶」って思ってる。


だから、相手が銀バエなら息子は”糞”ってこと。




”糞”に育てたのは自分だから、それは仕方のない事です。
私は、美しい蝶を連れて来てくれると信じてる!!!!!!!!!んだが。




難しいね。
















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ウチの亡父は親の残す財産は教育って人だったので兄弟3人もと海外に最低でも7年は行ってました。
姉は今でもLAでアメリカ人と結婚して仕事してます。(海外生活は通算何年になるのかな?)
僕は高校〜大学とあっちで暮らしてこっちに帰ってきました。(海外生活7年でした。まあ、家の事情って奴で帰国しましたが)
弟はまだ一人モンでNYで修士を3つ取って仕事してます。(通算11年かな?良く修士3つと博士と交換してくれないかな、、、、って言ってましたが)

という訳で結構早いうちから家族はそれぞれ自分で生きる事を学ばせてもらったと思います。

でも、家族愛ってのか、繋がりは全然希釈じゃなくて逆に友人とかからは家族の絆?が強すぎる、、、って言われることも。

家族ってのは生きててもあっちに行っても繋がりって切れないもんだと思います。
Ezzy
2010/12/15 16:03
 Ezzyさん
お久しぶりです。
コメントありがとうございます!
それにしても、Ezzyさんの親御さんはご立派ですねぇ。。。感心してしまいます。三人のお子さんに、これだけの経験をさせてあげられるのは、教育が以下に大切かという確固たる信念がおありで、何より尋常な経済力じゃ〜ありませんよ。外国人がアメリカの大学で学ぶのは、そりゃ〜大変なことです。素晴らしいことですね。
でも、家族の絆って本当に物理的なものじゃないと、私も実感しています。一緒に暮らしていても、それぞれが孤独な家族も沢山あります。その方が、ずっと悲しい。家族ってそう言うものですよね。
ダイナマイトママ
2010/12/16 08:52
『鼻毛』を読んだ後で、非常に考えさせられる文面です。
ここ10数年『男は、こう有るべきだ』と様々な事を、自分自身に言い聞かせて来ました。出来ない事も、沢山有りますが、矜持だけは、持ち続けたいと今でも思ってます。
しかし自然と子どもたちにも自分の価値観、人生観を押しつけて要るとは、感じております。
数年前、件のUSAさんに、お逢いして、話をさせて戴いて、心酔。
やはり、漢(男)も有るべき姿は、・・・・・・・・・・・・・と
2人の子どもが、どうなるのか、解かりませんが、願わくば『夢を叶えて欲しい』
です。
今の自分が、成りたい自分に成りつつあるように。
親方
2010/12/21 12:47
 親方さん
イヴですねぇ〜〜〜!いかがお過ごしですか?
USAさん、素敵ですね。同感です。
私も子ども達に、期待がないと言えば嘘になります。4人には、無言、無意識のプレッシャーも掛けてきたと思います。でも、私達大人は、人生が思い通りの結末や結果を残せない厳しいものだということも重々知っています。例えば、次男にはチームのスターターとして活躍してもらいたい、ひいては日本を代表するOLとなってもらいたいと期待しているけれども、そうならないかもしれない。でも、そうならなくても、目標に向かって頑張り続けられること、納得の行くアメフトができれば、それで良し。どんな状況でも元気な笑顔が見られればそれで幸せです。成ってきた状況を喜べる人生を歩んでもらいたいと願っています。
ダイナマイトママ
2010/12/24 08:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
親として困る事・・・・。 ダイナマイトママの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる