イメージが大事。

画像

何かで、脳は否定の情報は認識しないと誰かが言っていました。
って事は、「転ぶ」ってイメージしちゃったら、
「転ばない」とは認識しないんだ。
私は、ガソリンスタンドから小回りして道路に出る、
駐車場でUターンする、
交差点で一旦停止して素早く曲がる、
などなど、な~~んでもない時に「エンストして転ばないようにしなきゃ。」
と、緊張します。
でも、私の脳は「転ばない」ではなくて「転ぶ」と言うワードしか
認識していないんですね。。。。。だから「転ぶ」んだと思ったんです。

このところ、房総では必ずと言っていいほど立ちゴケていて、
いいイメージがなかったんですが、
昨日は、もう一切そう言った負の出来事をイメージしない!と、
前夜、心に決めて就寝しました。
(って、走りに行くのに、私レベルだとこ~んなに大変なんです。)

『免許を取って早!んっ?6年?か?もう何万キロも走って来たんだ!』
『数々のライスクに行ってトレーニングもした!』
『北海道だって、東北だって、信州だって、岐阜や和歌山だって走れたんだ!』
『大丈夫、大丈夫、出来る、出来る』
笑っちゃうけど、そう繰り返し考えながら走りました。

いや~っ、やっぱり違うと思います。

ワインディングも、上手くトレース出来るイメージしか持たずに、
力を抜いて走ると、右カーブもいままでは、どうも反対車線に寄り過ぎなのが、
ちゃんと道路の真ん中から左を走行できる気がしました。
ライディングフォームも、柏さんに教わったように、前加重でハンドルの握りは斜めな感じで・・・。
クラッチの操作は雑にしない。

昨日は、とても楽しく充実した走りをする事出来ました。
まぁ、でも一つ・・・。
ガソリンスタンドから対向車線に出る時、
あまりに頭の中で「肩の力抜いて・・・真っすぐ出てからハンドル切る・・・視線は行きたい方向を・・・」
などなど、必死に考えてたら、サイドスタンド上げ忘れて発進。
K平が後ろから、
「お母さん!スタンド出てるよ!」と叫んでくれるまで気づきませんでした
おお~っ怖っ。

しかし、まっ、
我、五十にして更に進歩せんとす。

バイクは、面白いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

爺S馬力
2011年05月04日 10:40
おはようございます。
2バルブの夫婦&親子。羨ましいです・・・・。
昨日は久し振りに自転車を漕ぎましたが雨が降り出したので
早々に退散でした。

我が家は娘、デートで外泊(汗)、父ちゃんは朝3時までガレージでバイク弄り、嫁は爆睡(笑)

明日から白馬にぶらりと出かけます。
さちこ
2011年05月04日 11:28
今日は、どこを走っているのかなと考えておりました。昨日のように黄砂はないようで、穏やかな陽気ですね。私は、この5泊6日で溜まった(東北に行っていました。車で)洗濯を終えたところです。殿は、GSの車検に向け整備中です。実は、タイヤはまだ交換していません。フロントつるつるです。
ガンバ
2011年05月04日 20:36
考えて走ることはとっても大切です。
考えなくても勝手に体が反応するようになるのも大切です。
やっぱり続けないとダメですね。

年齢に関係なくいくらでも巧くなれます。
口幅ったい言い方ですが、
私は今が一番巧く乗っているし速いと思っています。
なぜか、考えながらたくさん走っているからです。
速く走るようになるのは難しいですが、いくらでも巧くなれます。
親方
2011年05月05日 07:42
自分も未だに、『意識』して走ります。
それと『先を観る事・鳥瞰で』
日常生活でも、上手な人は、自分の行動の先を観ていると、想います。
常に鳥瞰で、自分を観て前に進む。

なかなか、出来ねえんだ、これが(笑
ダイナマイトママ
2011年05月06日 08:21
 爺S馬力さん
いいなぁ・・・。貸切の別荘状態、アルピーヌでゆっくり朝食を取っていらっしゃる頃でしょうか?
先日は、ほ~んとに偶然にも同時刻に全員が帰宅、そして爺S馬力さんも「ただいまぁ!」っていらしたから驚きました。そんな事ってあるんですね。
今日は気をつけてお帰りくださいましね。
ダイナマイトママ
2011年05月06日 08:24
 さちこさん
4日は、都合が悪くて走れませんでした。
車検ですね。
マイスターの間近で修業されている殿の整備ですか。いいなぁ~~。
あの地下のGSもいいですね~~。
ダイナマイトママ
2011年05月06日 08:29
 ガンバさん
ガンバさんでもそうですか。
やっぱ年齢じゃないですね。
上達を諦めたら終わりだと、私も思いました。
普通に暮らしていれば、50歳にもなると、バイクに乗るほど集中して、考えて、緊張(いい意味でね)する事ってないですもんね。バイクを下りるその時まで進歩したいと思います。
ダイナマイトママ
2011年05月06日 08:37
 親方さん
今でも忘れません。
大学の入試の小論文のテーマが”遠くを見る目と近くを見る目”でした。
偶然にも、入試前夜に父と俯瞰つまり鳥瞰について話をしていたので、「来たっ!」と思って筆を走らせたのを覚えています。その時、蟻の観ている世界と鳥の見ている世界について書いたのですが、やはり視野を広く持つ事、情報を豊富に収集できる事は大切ですよね。一つ先を見ないから、ブレーキが遅くなると発破さんに良く言われます