ダイナマイトママの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 心を贈る。

<<   作成日時 : 2008/03/28 15:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

神戸に、今年95歳になったオジがいます。
義母の兄にあたりますが、三男の嫁である私をとりわけ可愛がってくださり、
いつも心に掛けてくださる、本当に素敵で大好きなオジであります。

その彼が、先日長男あてに小包を送ってくれました。
画像

中には、
古いポケットサイズのコンサイス

「若き数学者のアメリカ」など藤原正彦の本が5冊
斉藤茂太の「いい言葉はいい人生をつくる」の続編まで2冊

カナダドルに換金されたお小遣いとチップ用にと書かれた
封筒に1000円分の米ドル


それに直筆の手紙

手紙には、
海軍〜日本郵船〜川崎重工と海を仕事にし、
海外での豊富な経験を持つオジから、アドバイスが少々。
文末は、『青年よ、大志を抱け!』とクラーク博士の言葉で締められていました。
一目で使い込んでいる事がに分る、年代物のコンサイスには、
無数の赤が引かれていています。
どうも若い頃、海外での仕事に携帯していた大切な辞書のようです。

私は、この包みを見た時、
何故だか涙があふれました。
95歳にもなる彼が、わざわざ銀行へ換金に行ってくださったという事も、
苦労を共にした大切な辞書を譲ってくださった事も、
日本人としての誇りを忘れずに、
かけがえのない人生を謳歌してもらいたい、というメッセージを託した本の数々も、
愛情いっぱいの直筆のお手紙も、
その一つ一つ、何もかもに心動かされたのでした。
そして感謝の気持ちでいっぱいに。

それは、長男も同じで、
何をするかと思えば、すぐさま辞書をジッパーつきのビニール袋に入れ、
「こんな大切なものを汚すわけには行かないからね、お守りとして持って行くよ。本当にありがたいなぁ」
と、感無量の様子でした。

”人に物を贈る”と言う事の本質を、この小包で教わった気がしました。
”物を贈る”ということは、 ”心を贈る”ということなんだと実感した気がしました。
相手をどれだけ思っているかと言う事が伝えられるような、
そんな贈り物をしなければならないということが解った気がしました。

昨日、川越に行く折、送られてきた斉藤茂太の一冊をちょっと拝借して出掛けました。
車中の暇つぶしにと思ったのですが、
本を開いてまたビックリ。
画像

本には、ところどころ鉛筆で線が引かれているんですね。
そして、内表紙には読み終えた日時、
画像

何とも、オジの人となりがうかがえます。
几帳面な事。

来週、旅立つ長男。
沢山の方々に支えられ、心を寄せられて、今がある事を忘れずに、
自分の道を邁進してもらいたいものです。
私も、本当にいい勉強をさせてもらいました。
愛が伝わる贈り物・・・・これから心掛けたいと思いました。
感謝。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
さすが〜、キヨちゃんのお兄さん!
キヨちゃんは見た目も日本人離れしていましたが、海外生活豊富な兄様がいらしたとは。。。
私も持ってる持ってるコンサイス辞典−赤と青、もうくたくたになってるけど未だに使う事あるよ。
有太君、”Welcome to the アメリカ大陸!!”
国こそ違え、同じ陸の上、LAのおばちゃん受け入れ態勢万全、待ってるからね!長い休みはうちに来るんだよ〜〜!
LAの大親友
2008/03/29 02:00
とても心温まる良いお話ですね。
なんだか人ってやっぱり一人で大きくなるんじゃなくって、必ずどこかで誰かが自分を見守っていてくれるんだな、そんな感想です。

高校三年の夏休みに受験の塾に行く時に、私もデイリィ・コンサイスの皮表紙を買いました。今でもたまに使います、赤鉛筆と紺鉛筆のアンダーラインがぎっしりと入っていますが、今はほとんど理解できず。
ぼろぼろの革表紙に反比例してぼろぼろの脳味噌です。

少年よ大志を抱け。
羊ヶ丘展望台行きましたよ、同じ格好で写真を撮った!
ガンバ
2008/03/29 16:08
☆KEIKO
KEIKOも昨年エミリーを送り出しましたね。
あんな赤ん坊だった子ども達が、大きくなってゆくものです。
きよちゃんのお兄さんは、長身・美男子の海軍将校で、母の自慢の兄でした。特に末っ子の母を可愛がってね、私にも良くしてくれます。
ただ、順番がちょっと違っちゃって・・・、やっぱり寂しそうです。
ダイナマイトママ
2008/03/29 18:38
☆ガンバさん
坊ちゃん、お引越しされたんですね。
ちゃ〜〜んと卒業して、無事就職もして、自立して行く。
すばらしい事ですよ。やっぱり。
誇らしい。
これで、愛する人生のパートナーをちゃんと見つけてくれたら、
言う事なしですね。(欲張りかな・・・)
いつまで経っても心配はつきませんが、
とにかく、一安心ですね。
ダイナマイトママ
2008/03/29 18:49
「贈り物」というのはこういうものなんだと言うことを感じさせられました。
ご長男の顔を思い浮かべながら、ご自分の人生を振り返りながら、一つ一つにいろんな思いが込められているのでしょうね。

すぐにコメントしたかったのですが、遅くなりました。

続いて、怒涛のコメント・・・行きます。
はな
2008/04/13 15:01
☆はなちゃん
怒涛のコメント感謝です。

新しいポジションはどうですか?
大変なんでしょうね。
体には気をつけてください。
期待に応えたい気質は、私良く解るんだなぁ。
凄く似てるところがある。
でも、強いわけじゃないから、歪むんだよねぇ。
ダイナマイトママ
2008/04/14 10:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
心を贈る。 ダイナマイトママの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる