ダイナマイトママの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS EMERGENCY!!

<<   作成日時 : 2010/08/08 10:13   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

永らくご無沙汰しております!

ご心配下さった皆々さま、ごめんなさい。
ちょっと、久々余裕がありませんでした。

先月、脱水で入院した義父ヒロちゃんの様態が急変。
30日には、心停止の緊急事態で、もう私達も覚悟を決めた次第で・・・・・、
それでも現在も人工呼吸器の力を借りながらも頑張ってくれています。
あれあれと言う間に、状況が二転三転して、ここ数週間は私達Dママ家族には厳しい日々でした。

もちろん、今も特段希望を持てる事態ではありませんが、
この時間が私、いえ家族みんなにもいろんな事を考えさせてくれました。
命と向き合う中で、ヒロちゃんと自分の関係も見つめる事ができました。

命の期限は、誰にもわかりません。
でも出来る限りヒロちゃんのそばにいて、沢山話しかけたいと思います。

本当におじいちゃんのご守護だと思いますが、
スットコ長男が、丁度体調を崩して入院した日にワーキングビザの申請が通り(しかも2年分)、
急きょ帰国が叶いました。
粘りに粘ってつかみ取った労働許可に、晴れやかな様子でした。
どんな辛い状況にも、神様は喜びの種を用意して下さっているのだと思いました。

なかなか、日記の更新も出来ないかもしれませんが、私も毎日闘っています。
どうか、見守っていてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
DEAR ダイナマイトママ

パンドラは、決して開けてはいけない箱を開けてしまい、あらゆる不幸を世に送り出してしまいました。しかし、最後に、『希望』をこの世に、送りだしたのです。
『希望は、全ての心の中に』
私は、この言葉、信じています。
親方
2010/08/08 10:18
 親方さん
コメントありがとうございます。
担当の先生に、「万が一の時に、延命処置は希望されますか?」と聞かれました。「これまでにお父様とそう言った話をされた事がありますか?」と言われ、はて?と言葉につまりました。普段、以外に私達は大切な事を話していないんだと思い知らされました。
蘇生処置を施して頂いてよみがえってから一週間。こんなに頑張ってくれているという事は、絶対に父は生きたい!と思っているのだと感じています。
『希望は、全ての心の中に』私もこの言葉を信じます。
ダイナマイトママ
2010/08/08 14:04
毎日、一日に何回も日記をチェックしていました。
おじいちゃん、頑張っているんですね。

神のみぞ知る、これからのことですが、できるだけ傍にいて、家族の会話を聞かせてあげてほしいと思います。
さちこ
2010/08/08 17:23
 さちこさん
ありがとう。
さっちゃん心配してくれているだろう・・・と思いつつ、あっという間に時間が過ぎてゆきました。一進一退です。
人間、最後まで聴力は残っているから、沢山話しかけてあげてくださいね、と先生にも言われました。84歳の高齢だからもうそんなに頑張らなくてもいいだろうとおっしゃる人もいますが、それは周囲の勝手な思い込みで、父はまだやりたいことがあるんじゃないかだろうか・・・。管に繋がれて、薬で生かされている状況ですが、それでも心臓はしっかり動いていて、それは生きる力なんだから私たちはちゃんと支えなくちゃいけないと思っています。違うかな・・・。それでいいのかな・・・。父の意思が聞けない今は、自問自答の繰り返しです。
ダイナマイトママ
2010/08/09 07:49
大変な日々が続いてたのですね。
くれぐれもお身体ご自愛下さい。何気に看病する方も心身ともに大変ですから・・・

高校生の時にアイバンクに登録した後、親にその他の臓器も提供する意思は伝えてあるけど、自分の死に際はどうしたいか・・・なんて考えてなかったなぁ
Bikeに乗るだけに、相方にはちゃんと伝えとかなきゃ と思いました。


1日も永く一緒に過ごせますようお祈りしております。
ちか
2010/08/09 23:42
切ないですよね・・・。
我が家も九州のオフクロが心筋梗塞で倒れて入院、体調(肝臓の機能)が悪くてカテーテル手術が出来ずに待つこと2週間、
やっと本日、造影剤検査を行い、状況が良ければそのままステントを入れる予定でしたが、映し出された映像は狭窄だらけの動脈だったと兄から報告がありました。

開胸してバイパス手術が残された選択肢ですが78歳の老体には間違いなく厳しい選択です。本人の意見を尊重して今後の対策をしなければと思います。
急に切ない時間(残された時間)に感じ、離れて暮らす事が罪に思えてなりません。
傍に居てあげれるだけでもお父様は幸せだと思います。

子どもの事、親の事、そして自分の仕事の事、同世代の我々に、神様は試練を用意してくれます。生きて行くのは大変ですね。
お互い頑張りましょうとしか言えません。・・・・・頑張りましょうね。
爺S馬力
2010/08/10 01:00
 ちかちゃん
ありがとうございます。
折しも、テレビでは臓器提供のニュースが盛んに流れていますね。

愛する人に、苦渋の選択や決断を押し付けないためにも、元気な時に自分の命に向き合う事は大切ですよね。私も今回勉強しました。
ダイナマイトママ
2010/08/11 09:40
 爺S馬力さん
九州のお母様もお具合悪かったんですね。
離れていれば尚の事とお察しします。
北海道の父が母親を亡くした時、「僕の体は、おばあちゃんで出来ているんだ。だから僕の体には、おばあちゃんが生きているんだよ。だから寂しくない。だって僕はおばあちゃんの一部なんだから。」そう言いました。その意味は、分かるような…解らないような…。でも、確かに祖母と祖父の遺伝子で父の体は創られ、祖母の血で育ち、その体内から生まれ出たのですから、繋がれた命には変わりありませんよね。父はそう考えて乗り越えたようです。
お母様、爺S馬力さんの顔をご覧になって声をお聞きになったら喜ばれるでしょうねぇ。義父は、孫ですが、スットコ長男が帰って来て声をかけたら、つぶった目に涙があふれたと言っていました。
お母様のご回復を心から願っています。お互いに頑張りましょうね。
ダイナマイトママ
2010/08/11 10:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
EMERGENCY!! ダイナマイトママの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる